主催コンサート

第102回主催コンサート
2016.4.25(月)7:00~ ザ・コンサートホール
務川慧悟(むかわ けいご) ピアノ・リサイタル
モーツァルト
 ■「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による
 ■12の変奏曲 ハ長調 K.265(300e)(きらきら星変奏曲)
ートーヴェン
 ■ピアノ・ソナタ 第26番 変ホ長調 「告別」 Op.81a
リスト
 ■2つの伝説 より 波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ
ラモー
 ■カヴォットと6つのドゥーブル
ドビュッシー
 ■前奏曲集第1巻より亜麻色の髪の乙女、
 ■さえぎられたセレナード、沈める寺、ミンストレル
ラフマニノフ
 ■ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.36 他
   若さの持つ好奇心と向上心がそのまま輝き出たような、勢いのあるリサイタルとなって、満席の会場を熱気で包みました。 このリサイタルを聴いたことが、語り草になる日が来るような予感を感じさせられました。 注目し続けたいピアニストです。

     務川慧吾 プロフィール

    第103回主催コンサート
       2017.6.13(月)700~
       ザ・コンサートホール
出演者:(Vn)レンカペラント(Va)ヤン・ペラント
    (共演) (fl)小出信也
曲目:
 モーツァルト:VnとVaのためのソナタK.423&424
        ディヴェルティメントK.563
 ヴァイオリンとヴィオラの二重奏が、息のあつた、ゆったりとしたテンポで演奏され、後半には、第一ヴァイオリンのパートをフルートで演奏するという珍しい試みがなされました。
知られざる名曲の名演奏に、大勢の聴衆はすっかり魅せられました。
ペラント・デュオコサートの紹介↓をご覧ください

    ペラント・デュオコンサートご案内

    
小出信也氏の紹介1938年 日本キリスト教団牧師の父 廣と教会オルガニストの母よし子の次男として名古屋市西区の愛隣館(現在の杷島幼稚園)で産声をあげる
小出信也略歴は↓をクリックしてください

   小出信也略歴

ペラント・デュオの紹介
 プラハ出身
ヴィオリスト ヤン・ペラント(左)
ヴァイオリン レンカ・ペラント(右)
2014年結成 欧米諸国で定期的演奏会を開催
本コンサートでは ヤン・ペラントと友人の小出信也氏が友情特別出演
  第104回主催コンサー
2017.5.15(月)7:00~ ザ・コンサートホール
カルテット・ダモーレ Quartett d'amor
 
演目
ハイドン:弦楽四重奏曲 第67番 ニ長調『ひばり』
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第14番 ト長調 K.387他
日時:29.5.15(月) 開演19:00(開場18:15)
会場:ザ・コンサートホール ℡ 052-204-1133
料金:一般:3,000円 会員:2,500円
学生:無料(25歳以下・要申込み)
コメント
 これまでに、福本泰之、桐山健志、白石禮子、天野武子、百武由紀の各氏に師事 この春、大学を卒業し、大学院や留学と新しい道を踏み出したメンバーだが、大学一年の時からカルテットを組んでいるだけに、目指す音楽性も一致しており、カルテットのあるべき姿を体現した、清新な演奏を聴かせてくれた。四人の門出を飾るコンサートを企画できたことは嬉しい。
 カルテットダモーレの紹介 ↓をクリックしてください

   カルテット・ダモーレ

    第105回主催コンサート
      2017.10.30(月) 7:00~
       ザ・コンサートホール 
       ヴァルト四重奏団
 
ヴァルト四重奏団
(水村さおりPf 水村浩司Vn 臼木麻弥Va 西山健一Vc)
弦楽トリオ K.404a-1&3
モーツァルト:ピアノ四重奏曲 第1番 K.478
       ヴァイオリン・ソナタ K.547
モーツァルト:ピアノ四重奏曲 第2番 K.493
コメント 
 当初は、東京藝術大学付属高校からの同級生4人によって、モーツァルトのピアノ四重奏曲を演奏していただくという予定でしたが、ヴァイオリンの林智之さんの急逝により、延期していた企画です。
 K.573水村さおりさんの弟の水村浩司さんを迎えて実現の運びになりました。名曲ながら実演に接する機会の少ないピアノ四重奏曲をはじめ、この春、大学を卒業し、大学院や留学と新しい道を踏み出したメンバーだが、大学一年の時からカルテットを組んでいるだけに、目指す音楽性も一致しており、カルテットのあるべき姿を体現した、清新な演奏を聴かせてくれた。四人の門出を飾るコンサートを企画できたことは嬉しい。