マエストロ都の部屋
オペラ講座
 
   ワーグナーの楽劇 禁断と欲望の代償(4) とは ・・ワーグナー「神々の黄昏」変遷の経緯と ワーグナーの本質に迫る芸術を楽しむためには 日々の「鍛錬」(たんれん)が必要で まず、このオペラ講座の冊子を丹念に読むことから始めましょう… ワーグナー嫌いの人たちは、●難解さ●猥雑●絶叫と巨大なオーケストラの喧噪●豪華さ●傲慢さを批難する しかし ワーグナーの真髄に迫るために必要なのは、寛容な教養主義であり、総合芸術「楽劇」を理解できる広汎な知識の取得と、技術も必要となる